株式会社 日本歯科商社

  1. ホーム
  2. セミナー
  3. 3Mix-MP法 with 組織修復「歯を壊さない治療の実現」

3Mix-MP法 with 組織修復「歯を壊さない治療の実現」

  • 終了
  • 開催地:東京
    2013年9月1日(日) 13:00~16:50(開場12:30~)

宅重 豊彦 先生

宅重 豊彦 先生

略 歴

  • 1972年 
    東北大学歯学部卒業 同第二補綴学教室助手
  • 1980年 
    タクシゲ歯科医院開設 歯学博士

役職 & 所属

  • 東北大学大学院歯学研究科
    口腔システム補綴学分野臨床教授
  • LSTR療法学会3Mix-MP法
    専門医・指導医
  • 堀田修クリニック嘱託医

「歯科医の仕事もサービス業」といわれ、接遇やプレゼントの充実を図る風潮が開業医の世界では当たり前となっていた。最近少々下火になったとはいえ、待合室に無料のコーヒーが設けられていたり、患者を○○様と呼ぶ医院は依然多い。医療機関のサービス業論と平行して、クレイマー患者が増えており、先日の大手新聞の記事では、患者から何らかの脅威を感じた医療従事者は85%にのぼると言う。これは、患者はお世辞や物品のサービスを望んでいるのではないことを示唆している。
 患者が私達に望むことは、歯を助けて欲しい、しかもテキパキと・・・、だと思う。根管治療に何ヶ月もかかり、あげくに抜歯宣告あるいは歯根破折という事例は珍しいことではない。現在痛みのないウ蝕でも治療後に痛みが出る可能性があるから前もって抜髄するという事が、何の罪悪感もなく行われている。もし医学部の外科が同じ発想で手術をすれば犯罪ではないだろうか。
 歯科疾患の主なものは細菌が原因で起こる。そしてその治療法は、細菌が侵入した生体組織をまるごと取り除き、痕を人工物で埋める手法である。この方法には大きな欠点がある。ひとつは、細菌が侵入している範囲が分からないのでどこまで除去すればいいのか分からない。もうひとつは、組織除去(感染象牙質の除去)は、歯質を失うことであり、かつ二次ウ蝕を免れないので、繰り返し組織除去がおこなわれ、やがて歯は無くなってしまう宿命にある。
 3Mix-MP法は、侵入した細菌のみ除去し、かつ脱灰した組織をカルシウムの添加で硬い歯質に修復することができる。もし修復がおこらなければ、それは術式の誤りであり、正しい3Mix-MP法をおこなっていないからである。私達は、3Mix-MP法30年余の臨床経験で、臨床成積97%の組織修復をIADRや日本歯科保存学会で発表している。
 正しい3Mix-MP法を修得し、患者が望む「患歯をすみやかに治し、歯を壊さない歯科治療」を行うことが私達がするべき本当の医療サービスであり、そういう歯科医を患者は求めているのである。

開催地 東京
開催場所 両国国際ファッションセンター(KFC) Room#111
東京都墨田区横網1-6-1
  • JR東京駅より秋葉原駅乗換で総武線両国駅東口より徒歩6分
  • 都営地下鉄大江戸線両国駅(A1出口直結)徒歩1分
開催日時 2013年9月1日(日) 13:00~16:50(開場12:30~)
講師 宅重 豊彦 先生
参加料 8,400円(消費税含む)
申込方法 下記のお申込フォームから必要事項をご入力のうえ、お申し込み頂くと同時に受講料を指定口座にお振り込みください。受講料のご入金をもって正式お申込みとさせていただきます。キャンセルによる返金は致しかねますのでご了承ください。
振込先 三井住友銀行 志村支店
当座6700522 株式会社日本歯科商社
お問合せ先 株式会社日本歯科商社
〒130-0011 東京都墨田区石原1-19-5
TEL 03-3625-3139 FAX 03-3625-1110
担当:神谷、木下

JDSクラブ 会員専用ページ

セミナー情報

学会情報