株式会社 日本歯科商社

  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. JDSクラブ メールマガジン(第54号)を掲載しました。

JDSクラブ メールマガジン(第54号)を掲載しました。

2014年6月18日配信

JDSクラブ メールマガジン 第54号(2014年06月17日配信)

皆さまこんにちは。
日本歯科商社の神谷です(・∀・)♪

 

ワールドカップ日本初戦・・・、残念でしたね(T_T)。
20 日(金)のギリシャ戦に期待しましょう!

梅雨入りし、雨の日の休日はサッカー観戦もいいですが、
屋内でも楽しめる施設で一週間の疲れをリフレッシュしてはいかがでしょうか?
♪ 屋内レジャースポット♪
関東編関西編全国

また大阪では3 月にあべのハルカスがオープンし、東京でも先日11日に虎ノ門ヒルズが
開業スタートしましたので、ぜひ近いうちに行ってみたいですよね。

さて、週末14日(土)、15日(日)に東京国際フォーラムにて開催されました
第 32 回日本顎咬合学会学術大会に参加してまいりましたのでご報告までいたします。

日本歯科商社ブースでは人気のガリレアンルーペマルチ、コンビテテオシリーズをはじめ、
新製品のインプラントポインターやAKIYAMA’s マイクロミラー付剥離子、近日発売予定の
グレーズ・ステイン専用ファーネス「ルカグレーズ」も参考出品いたしました。
また最近特に注目を集めている“感染予防”ですが、対策製品の一つといたしまして
「バイオジェルインディケーターアンダーグローブ」を展示しました。手袋を二重装着することで
“色”でピンホールをお知らせし、血液・体液への接触を防ぐというコンセプトのアンダーグローブです。



展示の合間を縫って、昭和大学弘中祥司先生の「乳幼児の口腔機能の評価と治療」という
ご講演を拝聴してまいりました。笑いの絶えない大変おもしろい、そして非常に勉強になるご講演で
会場は人が入りきらないほどの満員でした!

診療・研究のために撮影されたの乳幼児の食事光景のビデオを見ながら
先生のおもしろコメント付きで、口腔機能の評価・治療ポイントを教えていただきました。
お子さんの食べ方で悩んでいる親御さんは多いそうですが、食べ方を指導するのが
歯科医院であることを知らなかったり、歯が生える前で歯科医院に行くことを考えなかった等
現状は、まだまだ医科と歯科の連携が不十分であるようです。

歯列咬合、舌のくせ、言語機能は、食べる機能に密接に関係しており
スプーンの使い方やストローの使い方をちょっと正してあげることで、子どもたちの口腔機能
そして体重や健康状態も大きく改善する様子を、症例を通して教えていただきました。

さすが臨床医の先生方が企画運営されている学会ですよね!
明日からの診療または技工に活用できる内容が盛りだくさんだったのではないでしょうか?

◆◇ デンタルショーレポート◇◆

5 月31日(土)、6 月1 日(日)の週末で、「2014年九州デンタルショー」が
開催されました♪ 今年で40 周年を迎え、大変暑い気候の中でしたが
多くの方が足を運んでくださいました。計159 社が出展し、2 日間の来場者数は
以下通りでした。

  1日目 2日目
歯科医師 1,961名 2,188名 4,149名
歯科技工士 670名 844名 1,514名
歯科衛生士 1,076名 1,546名 2,622名
歯科助手 359名 379名 738名
商工業者 2,842名 303名 3,145名
合計 6,908名 5,260名 12,168名

私事ではございますが、弊社は6 月1 日付けで役員の変更があり
新しく代表取締役社長に就任いたしました高垣卓也が、デンタルショーの開会式にて
テープカットに参加いたしました。(写真左下の左から2番目です。)

日本歯科商社ブースでは、やはりガリレアンルーペマルチが根強い人気で
品質はもちろん、コストパフォーマンスの面でも多くの歯科医師、歯科衛生士さんから
高い評価をいただきました。
新製品のインプラントポインターも、LEDのポスターを見て、なになに?と立ち寄ってくださる方が
結構いらっしゃり、臨床の先生方からいろいろなご意見・アドバイスを頂戴することができました。

 

今回のデンタルショーのメインであった、oral design彩雲滝澤崇先生によるセミナーでは、
クリエイション陶材の開発の経緯から、特にジルコニア陶材ZI-CT に関する製品の特長、使い方を
デモンストレーションを交えながら教えていただきました。
クリエイション陶材は、メーカー主導ではなく、Willi Geller 先生とoral designの方々など、
技工士さんによって開発された、現場の意見が直接反映されている製品です。

実際にポーセレンを築盛して歯を作るところを初めて拝見させていただき、
改めて、技工士さんってすごいなーと思いました!
微妙にしか色の違わない、本当にたくさんの種類のポーセレンがある中で、どの色を選んだら
その患者さんの人工歯の色に近づくかがパッと分かって、しかも盛っている時はピンクや青っぽい、
歯とは全然違う色をしているのに、焼いた後どういう風に出来上がるのかが頭の中で想像できているんですよね。
本当に尊敬します!滝澤先生、ありがとうございました。

◆◇ 今月の新製品◇◆

●クリエイション陶材
Willi Geller によって開発された、明度設定の高いことで評判の歯科用陶材です。
金属焼付用陶材のクリエイションCC、ジルコニアレイヤリング陶材の
クリエイションZI-CT 及びZI-F、そしてインノバネオとメイクアップネオで構成された
ネオステインの4種類がございます。
 
製品ページへ

●PPS キャリア
3Mix-MP等の薬剤を患部に充填するためのキャリアです。
先端がななめ55°にカットされており、特に歯周ポケット内の貼薬に便利です。

製品ページへ

◆◇ 今月のピックアップ製品◇◆

●マウスピュア吸引歯ブラシ
吸引ポンプに接続して、片手で吸引と口腔清掃ができる歯ブラシです。
スイッチで吸引のオン・オフが切り替えられ、柄は半透明で吸引物の確認ができます。
接続部は吸引チューブがしっかりとフィットする波型形状です。
仕様・価格変更日: 2014年6月23日

製品ページへ

●ブルークリップ
先端がダイヤモンドコーティングされたピンセットです。
No.1 とNo.3は3点支持ができるので、細かなパーツを確実に保持します。
プラズマコーティングが施された独特な色合いです。
No.1
No.2
No.3
製品ページへ

◆◇ 業界情報◇◆

○古代人も歯周病に悩んでいた?
2014 年2 月、英国の国際学術誌「Nature Genetics」に、研究グループが古代ヨーロッパ人の
歯石を分析した論文が掲載され、石器時代(7550~4000 年前)の人類も歯周病にかかって
いたことなどを発表した。

狩猟により暮らしていた中石器時代(7550‐5450 年前)から、耕作を始めた時代までの
人類の歯石を採取解析し、現代人のものと比較した。数千年の時間の隔たりと、
異なる食生活にも関わらず、現代人の歯周病の原因菌が古代人の口腔内にも存在した。

歯石の体積は微量であるが、その中には膨大な情報が含まれており、
当時の生活を知ることができる多くの情報をもたらしてくれる。
炭素と窒素の同位体の量を測定することで年代が推定でき、そこから当時の食生活も
推測可能。今回、歯石が付着していた古代人の歯の周りの骨が吸収していたことから、
彼らも歯周病にかかっていたことが分かった。

日系トレンディネットから抜粋

◆◇ イベントのご案内 ◇◆

●2014 北海道デンタルショー
日時: 8 月23 日(土) 12:00~19:00
     24 日(日) 9:00~15:00
テーマ: 健康な歯と明るい未来へ
場所: 札幌市
会場: 札幌パークホテル

●第22 回東北デンタルショー
日時: 9 月6日(土) 13:00~19:00
      7 日(日) 9:00~16:30
場所: 仙台市
会場: 夢メッセみやぎ

●第44 回日本口腔インプラント学会学術大会
日時: 9 月13 日(土) 9:00~17:00
     14 日(日) 9:00~15:30
テーマ: 口腔インプラント治療の“めざすもの” -より信頼されるインプラント治療へ-
場所: 東京都
会場: 国際フォーラム

●日本歯科技工学会
日時: 9 月20 日(土) 12:00~19:00
     21 日(日) 9:00~15:00
テーマ: 健康な歯と明るい未来へ
場所: 札幌市
会場: 北海道大学

●第7 回ワールドデンタルショー
日時: 10 月 10 日(金) 12:00~19:00
      11日(土) 9:00~15:00
      12 日(日)
場所: 横浜市
会場: パシフィコ横浜

◇3Mix-MP法実習セミナー◇
★基礎Ⅰフォローアップコース
東京 7 月20日(日)

★基礎Ⅱコース
東京 9月28 日(日)
大阪 10月19 日(日)
 
セミナー詳細はこちら

メールマガジン一覧へ

JDSクラブ 会員専用ページ

セミナー情報

学会情報