株式会社 日本歯科商社

  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. JDS技工クラブ メールマガジン(第16号)を掲載しました。

JDS技工クラブ メールマガジン(第16号)を掲載しました。

2011年2月25日配信

JDS技工クラブ メールマガジン 第16号(2011年2月18日配信)
皆さん、こんにちは。
今年は本当に寒いですね、人から鳥に至まで、風邪が流行っていますから十分に気を付けて下さいね。
寒い時には、心温まる話と考えていたら、昨年暮れから始まった、タイガーマスク現象が、あっという間に広がり、1000人を超す伊達直人が誕生したとの話を思い出しました。
小学生の伊達直人から、90歳を越す伊達直人まで、年齢もバラバラで、児童養護施設への贈り物も多様化しているようです。
お年玉から数千円が贈られたり、暖かいものを食べて欲しいと新鮮な野菜が贈られたり、皆さんの暖かい気持ちが、感動の輪として広がりを見せているのは、素晴らしいことだと思います。

こんな良い話なのに、直人つながりで、管直人総理を追求する題材に利用している国会議員の先生方を目にする度に、いや~な気分になるのは、私だけでしょうか。
児童養護施設の子供たちが増えているのは、増え続けている児童虐待が原因じゃないですか?
こんな世知辛い世の中にした、責任者、呼んで来い!と言いたいくらいです。

本当に偉いのは、一時的なブームに流されることなく、継続している善意の気持ちなのでしょう。
伊達直人が出現する前から、寄付をしていた方も多くいるのでしょう。
怪我で引退した元阪神タイガースの赤星選手は、自身の盗塁数に合わせて車椅子を全国の病院に寄付していました。 赤星選手は、善意の気持ちが、途切れた時の子供たちの落胆を考えると、一時的なブームではなく、継続して欲しいとTVでコメントしています。

また今回、未来を担う子供たちへの、プレゼントがランドセルだったのも、私には嬉しい驚きだったのです。
ビートルズのジョン・レノンの命日に開かれる、ドリーム・パワー・スパー・ライブも、子供たちの為に学校を贈るチャリティーコンサートです。
きちんとした教育が、子供たちを救い、健全なる心と体を育てると考えたのでしょう。

日本歯科商社でも、ペットボトルのキャップを回収することで、世界の子供たちにワクチンを贈る、エコキャップ運動に協賛しています。
ボランティア活動は、私たちを、ちょっとだけ、優しい気持ちさせます。
伊達直人のような気持ちになりたい方は、日本歯科商社に、ペットボトルのキャップを送って下さい。
一緒に、ちょっとだけ、優しい気持ちになりませんか。


1. 新製品のご案内

今月は新製品がありません。
トピックスを2件ほどご案内致します。

(1)IDS2011国際デンタルショー(2011年3月22日~3月26日)
日本歯科商社は、世界的なデンタルショーである、ドイツ・ケルンで開催されるIDS2011国際デンタルショーに出展致します。
出展目的は、日本のディストリビューターの立場をPRし、新たなパートナーと新製品を探す事であります。
ブース(ホール11.3 H-068a)で、日本茶とうちわを用意して、日本からの先生をお待ちしていますので、どうぞお立ち寄り下さい。

(2)横浜市歯科技工士会・学術大会(2011年2月27日)
先月合金の按配ではありませんが、歯科用合金で非常に使い易くなった合金のひとつが、チタン合金ではないでしょうか。
Ti-6Al-7Nb合金の「Tアロイ・タフ」(株式会社ジーシー製)は、鋳造性と研磨性が著しく向上した良い例だと思います。
チタンの場合、Ti-6Al-7Nb合金にした事とレーザー溶接の出現によって、簡単に鋳造巣を修正することが出来るようになったのも、大きな要因だと思います。
京都大学の都賀谷紀宏先生による「レーザー溶接と歯科技工パラダイムシフト」と題した講演会がありますので、ご興味のある方はご参加されてはいかがでしょうか。
会費1,000円で先着300名まで。
HP:http://www.kdta.or.jp/news/2010/entry000213.html


2. キャンペーンのご案内

『シンプロ発売1周年記念キャンペーン』/2011年1月11日~2011年3月18日まで
驚きの義歯洗浄を体験して頂きましたか。
百聞は、一見にしかず、「シンプロ・マジック」を体験していない方のデモ依頼をお待ちしています。

メールマガジン一覧へ

JDSクラブ 会員専用ページ

セミナー情報

学会情報